ニュース

スマートホームサービス「SpaceCore」、 ZEH住宅に対応したHEMS機能を追加

〜一つのアプリでホームIoT機器の操作と電気の可視化を実現〜

 

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、2022年5月より、スマートホームサービス「SpaceCore(スペース・コア)」にZEH(※1)に対応した住宅内の電力消費量を可視化するHEMS(※2)機能を追加することをお知らせします。これにより、居住者は、「SpaceCore」アプリからスマートホーム機器の操作に加えて、太陽光発電の発電量や蓄電池の残量などのエネルギー状況が把握可能となり、ZEH住宅の実現に貢献します。本機能は、NextDrive株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:石 聖弘、以下NextDrive社)の提供するIoT機器連携により実現しております。本連携は、他社住宅設備・スマートホーム機器と連携・協業をおこなう当社プログラム「Works With SpaceCore」の一つとなります。

 

 

SpaceCore:https://www.space-core.jp/
Works With SpaceCore:https://space-core.jp/works-with/

 

※1 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のこと
※2 Home Energy Management Systemの頭文字。「家庭内で電気を使用している機器について、一定期間の使用量や稼働状況を把握し、電力使用の最適化を図るための仕組み」のこと

 

◆「SpaceCore」HEMS機能搭載の背景について

経済産業省が掲げている政府目標「2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」の達成に向け、多くのハウスメーカー・ビルダー・工務店(以下、住宅事業者)でZEH住宅の普及に向けた取り組みを行っています。当社のスマートホームサービス「SpaceCore」では、これまでスマートロックや屋内カメラなどのIoT機器や、床暖房や給湯器などの住宅設備を統合的な操作を実現することで居住者に「安全・安心・便利」を提供し、暮らしを変革してきました。この度、住宅事業者のZEH住宅普及への貢献と居住者の暮らしの変革を目指し、「SpaceCore」にHEMS機能を追加いたしました。

 

◆「SpaceCore」を導入するメリット

「SpaceCore」のHEMS機能は、一般社団法人 環境共創イニシアチブが発表しているZEH支援事業(※)の公募要領の項目に適合する機能を提供しています。住宅事業者は、外壁や太陽光発電などの設備要件を満たしている物件に「SpaceCore」を導入することで既設・新築を問わず、短期間でZEH住宅を実現できます。

※ 経済産業省および環境省による戸建ZEH補助事業

 

◆「SpaceCore」アプリで対応するHEMS機能について

「SpaceCore」アプリ内でHEMS機能を使用するためには、NextDrive社で提供しているHEMSコントローラー「Cube」が必要となります。

 

●接続可能機器一覧:https://www.nextdrive.io/echonetlite_whitelist/
(エアコンについては今後対応予定)

 

「Cube」をコンセントに繋ぎ、Wi-Fiでネットワークに接続することにより、「SpaceCore」アプリから蓄電池の残量状況や買電量・売電量など、アプリを切り替えることなく、電力の可視化とスマートホーム機器・給湯器の操作を一括で管理できます。

 

○利用できる機器・操作

※スマートメーターの利用には、別途電力会社へのBルート申請とIDとPWの取得が必要になります
※本機能は開発・企画中のため、仕様等が変更になる場合があります。

・SpaceCoreスマートホーム機器一覧:https://space-core.jp/device/

 

「SpaceCore」では、20種類以上のスマートホーム機器と17社の住宅設備メーカーとの連携により、今後も新築・既存物件、集合・一戸建て住宅に限らず、さまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

 

◆Works With SpaceCore(ワークス ウィズ スペース・コア)とは

 

 

Works With SpaceCore:https://space-core.jp/works-with/

「Works With SpaceCore」は、国内外のさまざまなスマートホーム機器や住宅設備と連携・協業を行うプログラムです。SpaceCoreプラットフォームをご利用いただいている事業者や居住者の利便性を向上し、今までにない新しいU IとU Xを提供していくことを目的としています。

 

◆SpaceCore(スペース・コア)とは

 

「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートホームサービスです。2019年8月より提供を開始して以来、全国150社以上、約18,000※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と居住者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

※2021年12月時点


SpaceCore:https://www.space-core.jp

 

株式会社ACCEL LAB 会社概要
本社   :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者  :代表取締役 小暮 学
設立   :2017年7月
URL   :https://accel-lab.com
事業   :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

 

◆NextDrive株式会社 会社概要
本社   :〒106-0031 東京都港区西麻布3-19-22
代表者  :代表取締役社長 石 聖弘
設立   :2017年1月
URL   :https://www.nextdrive.io/jp/
事業   :IoT、HEMSを活用したエネルギー管理とクラウドサービスの開発・提供

 

※本ニュースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

お問い合わせ・資料請求、セミナー申し込み

SpaceCoreへのご質問はもちろん、まずはIotやAI導入を検討するかたへ市場調査資料のご提供やセミナー開催を行なっています。お気軽にお問い合わせください。