ニュース

HOME > ニュース > スマートライフプラットフォーム「SpaceCore」ダイキチカバーオール社の大阪市のモデルルームに導入

スマートライフプラットフォーム「SpaceCore」ダイキチカバーオール社の大阪市のモデルルームに導入

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小暮学、以下「当社」)が提供するスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」が、ビル清掃や総合管理のフランチャイズ展開を手がけるダイキチカバーオール株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:小田吉彦、以下「ダイキチカバーオール社」)が管理するマンションのモデルルームに導入されたことをお知らせいたします。

◆ SpaceCoreとは
SpaceCoreは、2019年8月より提供を開始した、不動産会社と入居者のためのスマートライフプラットフォームです。物件にスマートホームデバイスを搭載し、ホームコントロール・防犯・見守り等を実現できる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや入居者との契約事やさまざまなお知らせ、日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスを入居者に発信できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、不動産会社と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

● SpaceCoreイメージ図

◆ SpaceCoreが導入されたモデルルームについて
近年、人口減少に伴い、物件の空室増加が顕在化しております。そのため、ほか物件の差別化や物件の価値を向上させる対策が必要であると考えられます。SpaceCoreはこれらの解決に役立つソリューションを提供しています。

今回、ダイキチカバーオール社が管理するモデルルームに、SpaceCoreのスマートホーム機能が導入されました。SpaceCoreでは、住空間をスマートホーム化させるさまざまなスマートホームデバイスを取り扱っています。これにより、物件内のエアコン、テレビ、照明等の家電やスマートロック等の住宅設備がひとつのアプリで操作可能になり、利便性とセキュリティを向上させます。

● SpaceCoreスマートホーム機能イメージ図

2019年8月の提供開始以降、SpaceCoreは主に都内を中心に導入されてきました。一方で、西日本の不動産会社や不動産管理会社より多くのお問い合わせをいただいており、この度、ダイキチカバーオール社のモデルルームへSpaceCoreを導入いただきました。本件はSpaceCoreの西日本での導入事例第一号となります。

今後、SpaceCoreは西日本への販売を積極的におこなっていくとともに、さらなる提供エリアの拡大を目指してまいります。

◆ モデルルーム概要
場所    :大阪府大阪市
物件形態  :マンション
導入機能  :SpaceCore「スマートホーム機能」
導入スマートホームデバイス:スマートロック、家電コントローラー、ドア窓センサー、室温度センサー等

【ダイキチカバーオール株式会社 会社概要】
本社    :〒542-0082 大阪市中央区島之内1-13-28 ユラヌス21ビル
不動産事業部:〒560-0085 大阪府豊中市上新田3-1-9 スタジオ千里2F
代表者   :代表取締役 小田 吉彦
設立    :2002年6月
資本金   :30,000,000円
TEL     :06-6241-7350(本社)
TEL     :06-6836-6400(不動産事業部)
URL    :https://www.coverall.jp/
事業    :不動産管理、仲介、売買事業、ビルメンテナンス事業、リフォーム事業

◆ 本件に関するお問合せ先

株式会社アクセルラボ 広報
Tell:03-6847-5649

お問い合わせ・資料請求、セミナー申し込み

SpaceCoreへのご質問はもちろん、まずはIotやAI導入を検討するかたへ市場調査資料のご提供やセミナー開催を行なっています。お気軽にお問い合わせください。