ニュース

HOME > ニュース > 「SpaceCore(スペース・コア)」、大阪ガスの給湯器・床暖房と連携し 住宅設備や家電とあわせてワンアプリでの操作が可能に

「SpaceCore(スペース・コア)」、大阪ガスの給湯器・床暖房と連携し 住宅設備や家電とあわせてワンアプリでの操作が可能に

〜より便利で快適な暮らしを提供〜

 

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、スマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」が大阪ガス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 社長:藤原正隆、以下大阪ガス社)の給湯器・床暖房操作アプリケーション「エネファームアプリⅡ」「給湯器アプリ」と連携したことをお知らせいたします。本連携は、他社住宅設備・スマートホームデバイスと連携・協業をおこなう当社プログラム「Works With SpaceCore」の一つとなります。

 

 

◆連携の背景

昨今、スマートフォンから住宅設備や家電を操作できることは一般的になりつつありますが、そのほとんどが専用のアプリを用いて操作する必要があります。そのためユーザーは設備・機器を自宅に導入するたびに、新しいアプリをスマートフォンにインストールし、切り替えて操作する必要がありました。当社は、テクノロジーと住空間をつなぎ、全てのユーザーにより快適で豊かな暮らしを提供していくことを目指しております。この度、大阪ガス社の給湯器・床暖房と連携することで住宅設備やスマートホーム機器が1つのアプリで操作可能となり、ユーザーの利便性が格段に向上するため、連携をいたしました。

 

◆連携内容・連携について

大阪ガス社の給湯器操作アプリ「エネファームアプリⅡ」「給湯器アプリ」は、インターネットに接続した台所用リモコンをスマートフォンから操作できるアプリケーションです。この度の機能連携によって、「SpaceCore」アプリから、スマートロックやスマートカメラなどのスマートホームデバイスに加え、大阪ガス社の給湯器や床暖房の操作が可能となりました。Wi-Fi接続できる全ての給湯器リモコンが対象となっております。

 

 

また、「ルール操作※1」や「シーン操作※2」を活用することで、「SpaceCore」ですでに提供しているスマートホームデバイスとの統合的な操作が可能です。あらかじめ設定した条件に応じた給湯器の自動操作もでき、例えば、温度センサーが一定の温度を下回った際に床暖房を自動で作動させるといった方法での利用も可能になります。

※1「ルール操作」…機器や住宅設備をあらかじめ設定した条件に応じて自動操作する機能。
※2「シーン操作」…複数の機器や住宅設備を一括で操作する機能。

 

 

◆「SpaceCore」のアプリ画面と連携した機能の内容

 

 

◆「エネファームアプリⅡ」「給湯器アプリ」とは

遠隔操作に対応した給湯器リモコンをスマートフォンから操作できるアプリです。
給湯器は住宅壁面に設置されたリモコンから操作することが一般的ですが、「エネファームアプリⅡ」「給湯器アプリ」を使用することで、スマートフォンのアプリからリモコン同様の操作を行うことができます。家の中のあらゆる場所だけでなく、屋外からでも給湯・床暖房の操作が可能となります。スマートスピーカーによる音声操作にも対応しており、お湯はりや床暖房の操作を音声で指示することも可能です。

エネファームアプリⅡURL: https://home.osakagas.co.jp/search_buy/enefarm/wireless_lan/
給湯器アプリURL:https://home.osakagas.co.jp/search_buy/hotwater/remote/index.html

 

「SpaceCore」は、今後もエリアを広げながら、新築物件・既存物件、集合・戸建住宅に限らずさまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

 

◆Works With SpaceCore(ワークス ウィズ スペース・コア)とは

 

「Works With SpaceCore」は、国内外のさまざまなスマートホームデバイスや住宅設備と連携・協業を行うプログラムです。SpaceCoreプラットフォームをご利用いただいている事業者や物件の居住者の利便性を向上し、今までにない新しいU IとU Xを提供していくことを目的としています。

Works With SpaceCore:https://space-core.jp/works-with/

 

◆SpaceCore(スペース・コア)とは

 

「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月より提供を開始以来、全国100社以上、約18,000※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

※2021年5月時点


SpaceCore:https://www.space-core.jp

 

 

 

お問い合わせ・資料請求、セミナー申し込み

SpaceCoreへのご質問はもちろん、まずはIotやAI導入を検討するかたへ市場調査資料のご提供やセミナー開催を行なっています。お気軽にお問い合わせください。