ニュース

HOME > ニュース > 「SpaceCore(スペース・コア)」、 大阪ガス都市開発の新築マンション「シーンズ高槻真上町」に採用

「SpaceCore(スペース・コア)」、 大阪ガス都市開発の新築マンション「シーンズ高槻真上町」に採用

〜大阪の新築分譲マンションでは初の導入〜

 

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、スマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」が大阪ガス都市開発株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 社長:友田泰弘、以下大阪ガス都市開発社)の新築マンション「シーンズ高槻真上町」に採用されることをお知らせいたします。

 

◆「SpaceCore」採用の経緯について

大阪ガス都市開発社は、賃貸・分譲物件において、これまでも多様化する顧客ニーズへの対応および付加価値向上のためにスマートホームを導入していました。しかし、ほとんどのスマートホームは設備・機器に応じた専用アプリからの操作となっており、大阪ガス都市開発社は専用アプリのインストールやアプリを切り替えての操作に課題を感じておりました。

この度、「SpaceCore」の1つのアプリから統合的に複数の家電・設備の操作とそれによる効率的でスマートな暮らしが実現できる部分を評価していただき、採用に至りました。

「シーンズ高槻真上町」のモデルルームでは「SpaceCore」のスマートホームを体験することができ、物件購入者の希望によりオプションで機器の選択ができます。

 

◆「シーンズ高槻真上町」の概要

 

 

 

導入デバイス

モデルルームに導入された「SpaceCore」のスマートホームデバイスは、6種類となります。

エアコンやテレビなどの家電製品、カーテンの開閉などが1つのアプリで操作できるようになります。また、アプリがなくても「シーン」の設定をすることで、各部屋に設置されているClickerや環境センサー、スマートスピーカーなどのデバイスから家電製品やスマートホーム機器の連動が可能となります。「シーン」は、「SpaceCoreアプリ」で簡単に設定することができますので、ユーザーごとに自分に合った住空間を実現できます。

 

 

 

「SpaceCore」では、今後も新築物件・既存物件、マンション・戸建てに限らず、さまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

 

 

◆SpaceCore(スペース・コア)とは


「SpaceCore」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月の提供を開始以来、全国約18,000※戸に導入されております。スマートホームデバイスを設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナー・居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、生活をより豊かにする「生活サービス機能」を備えています。「SpaceCore」では、事業者と入居者の双方が、これらの機能を利用することで、今までの暮らしをアップデートしていくことを目指しています。

※2021年3月時点
SpaceCore:https://www.space-core.jp

 

 

株式会社ACCEL LAB 会社概要

本社   :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者  :代表取締役 小暮 学
設立   :2017年7月
URL   :https://accel-lab.com
事業   :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

 

 

◆大阪ガス都市開発株式会社  会社概要

本社     :〒541-0046 大阪市中央区平野町4-1-2 大阪ガスビル北館8階
代表者    :代表取締役社長 友田 泰弘
設立     :平成元年6月29日
URL         :https://ogud.co.jp/
事業     :不動産の開発・分譲・管理、都市開発に関する調査・研究・企画


※本ニュースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

お問い合わせ・資料請求、セミナー申し込み

SpaceCoreへのご質問はもちろん、まずはIotやAI導入を検討するかたへ市場調査資料のご提供やセミナー開催を行なっています。お気軽にお問い合わせください。