ニュース

HOME > ニュース > 「SpaceCore(スペース・コア)」、平安建材㈱の築112年のリノベーション京町家「醍醐の家」に導入

「SpaceCore(スペース・コア)」、平安建材㈱の築112年のリノベーション京町家「醍醐の家」に導入

〜電気錠を搭載した玄関ドアとも連携し、快適性を向上〜

 

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、スマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」が平安建材株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役 社長:中村憲夫、以下平安建材)の中古戸建て住宅リノベーションプロジェクト「京都 醍醐の家」に採用されたことをお知らせいたします。本物件は、電気錠を搭載した玄関ドア(以下、玄関ドア」)と「SpaceCore」のHA端子アダプターを連携して導入された初のスマートホームとなります。

 

◆「SpaceCore」採用の経緯について

「醍醐の家」は、性能向上リノベーション(断熱・耐震・スマート化)を施したリノベーションモデルハウスです。本物件では、築112年の木造京町家をリノベーションし、一般的な新築住宅の性能と機能を上回る住宅へと変えるため、断熱・耐震に加え、宅内の快適性を向上させるためのスマートホーム(IoT住宅)を検討していました。この度、「SpaceCore」が持つ複数のスマートホームデバイス(IoT機器)や家電、住宅設備がつながる拡張性が評価され、導入に至りました。「醍醐の家」では、宅内の家電や照明、給湯器の遠隔・音声・連動操作に加え、玄関ドアも「SpaceCore」アプリやスマートスピーカーから操作が可能となっております。

 

◆「醍醐の家」の物件概要

「醍醐の家」は、YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充、以下YKK AP)、平安建材及び同社が事務局の「京ぐらし」ネットワーク(※1)と共働し、中古戸建住宅の性能向上リノベーションを実証するプロジェクト(※2)として実施した物件です。

 


※1:2011年に平安建材社が事務局となり、京都で優秀な技術と経験を持つ設計事務所、工務店や、地域の情報に精通した不動産業者や建材メーカーと共に、最新の建材商品と“匠の技”を活用して京町家を現代の性能に再生させ、流通させることを目指した組織化されたネットワーク。
※2:全国各地のリノベーション事業者とYKK AP社が連携して、既存戸建て住宅に「断熱」「耐震」を軸とした性能向上リノベーションを施して、住まいの価値が「窓・開口部」でかえられるかを実証するプロジェクト。

 

 

導入デバイス
 「醍醐の家」に導入されたスマートホームデバイスは、以下の9種類となります。

 

 

「醍醐の家」では、「SPOTmini」により、エアコンやテレビなどの家電製品が、「SpaceCore」アプリで操作できるようになります。また、アプリがなくても「CUBE Clicker」や「CUBE Environmental Sensor」で家電製品やスマートホームデバイスの連動が「シーン」の設定により可能となります。「シーン」は、アプリで簡単に設定することができますので、宅内をユーザーご自身に適したUIに変更できます。さらに宅内UIに加え、「CUBE Motion Sensor」、「CUBE Door/Window Sensor」、及び「FRAME CAMERA」により、不在時の宅内のモニタリングやセキュリティを実現しております。

 

また、「醍醐の家」では、「SpaceCore」の「HA Interface Adaptor」とYKK AP社の玄関ドアを施解錠できるインターフェースユニットが接続されているため、「SpaceCore」アプリやスマートスピーカーからYKK AP社の玄関ドアの施解錠が可能となっております。

 

「HA Interface Adaptor」とYKK AP社のインターフェースユニットの接続イメージ

 

「醍醐の家」では、築112年の京町家で京都の風情を感じながら、ユーザーに合わせた家電や設備の連動とセキュリティにより、今までにない住空間のUI/UXを実現しています。

「SpaceCore」では、今後も新築物件・既存物件、マンション・戸建てに限らず、さまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

 

 

◆SpaceCore(スペース・コア)とは


「SpaceCore」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月の提供開始以来、全国約18,000※戸に導入されております。スマートホームデバイスを設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作が可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナー・居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、生活をより豊かにする「生活サービス機能」を備えています。「SpaceCore」では、事業者と入居者の双方が、これらの機能を利用することで、今までの暮らしをアップデートしていくことを目指しています。

※2021年3月時点
SpaceCore:https://www.space-core.jp

 

 

株式会社ACCEL LAB 会社概要

本社   :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者  :代表取締役 小暮 学
設立   :2017年7月
URL   :https://accel-lab.com
事業   :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

 

 

◆平安建材株式会社  会社概要

本社     :〒615-0802 京都市右京区西京極北庄境町27-1
代表者    :代表取締役社長 中村憲夫
設立     :1954年10月
URL         :http://www.heiankenzai.co.jp/
事業     :合板及び内外装用建材の販売、住宅設備機器の販売・施工、冷暖房、
        空調機器の販売・施工、家電製品の販売、建築士事務所関連業務 各種


※本ニュースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

お問い合わせ・資料請求、セミナー申し込み

SpaceCoreへのご質問はもちろん、まずはIotやAI導入を検討するかたへ市場調査資料のご提供やセミナー開催を行なっています。お気軽にお問い合わせください。