株式会社ファイバーゲートの「FG HOME IoT」に提供を開始しました

  • HOME
  • ニュース
  • 株式会社ファイバーゲートの「FG HOME IoT」に提供を開始しました

弊社のスマートライフプラットフォーム「SpaceCore」が、株式会社ファイバーゲート(東証一部・札証:9450、本社:北海道札幌市、代表取締役社長:猪又 將哲、電気通信事業者登録番号:第 358 号、以下ファイバーゲート)のホームIoTサービス「FG HOME IoT」に採用されたことをお知らせします。
本件は、他社スマートホームデバイスと連携・協業をおこなう当社プログラム「Works With SpaceCore」国内第一号となります。「SpaceCore」を採用した「FG HOME IoT」のサービス提供は、今秋を予定しております。

◆SpaceCoreとの連携イメージ

本連携は、ファイバーゲート社の「FG Cloud」と当社の「SpaceCore Cloud」でのクラウド間のAPIにより実現しました。これにより、ファイバーゲート社は、最小限の工数で迅速に自社スマートホームのアプリおよび管理機能の提供が可能となります。
「FG HOME IoT」では、スマートホームデバイス「FG Smart Sensor」及び「FG Lock」を「SpaceCore」のアプリで操作できることに加え、当社が提供している複数のスマートホームデバイスとも連携し、お客様へ提供することができます。また、賃貸物件等で発生する非対面物件案内等の各種イベントに対応するスマートロックやスマートホームサービスの運用を「SpaceCore」管理機能で一元管理できます。
「SpaceCore」では、スマートホームサービスを考えている企業が簡単に導入できるスマートホームエンジンを提供し、利便性や業務効率の向上を目指してまいります。

「Works With SpaceCore」では、「SpaceCore」をプラットフォームとした連携を希望される国内パートナー様を引き続き募集しております。下記より、お問い合わせください。

■パートナー募集U R L
https://space-core.jp/?page_id=2001

◆SpaceCore(https://www.space-core.jp)とは
「SpaceCore」は、2019年8月より提供を開始した、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。物件にIoT製品を設置し、専用アプリでさまざまな家電製品や設備が遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスを入居者に発信できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、不動産会社と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

◆株式会社ACCEL LAB 会社概要
本社 :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者:代表取締役 小暮 学
設立 :2017年7月
資本金:80,000,000円
URL :https://accel-lab.com
事業 :プラットフォームサービスの開発・販売、 IoT機器の開発・販売、 アプリ開発、 WEBメディア事業

◆株式会社ファイバーゲート 会社概要
本社  :〒060-0061北海道札幌市中央区南1条西8丁目10-3 第28桂和ビル
代表者 :代表取締役社長 猪又 將哲
設立 :2000年9月
証券コード :9450(東証一部/札証)
電気通信事業者 登録番号:第358号
URL :https://www.fibergate.co.jp/
事業 :インターネット無料マンション「FGBB®」の構築、保守、運営、サポート、PB提供
フリーWi-Fiスポット「Wi-FiNex®」の構築、保守、運営、サポート、PB提供
VPN構築等法人向ISP事業・モバイル回線の再販
通信機器の開発・製造・販売 ・インターネット広告事業
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

最近のお知らせ一覧